FC2ブログ

猫の避妊手術in中国

ふうさんの発情期から1週間後、
避妊手術の日になりました。

すごく怖いです。
悪い夢も見たり(ふうさんがライオンにお尻かじられてました(T_T)

今までずっと家族と一緒に猫を飼ってましたし、歴代ほとんど男の子でしたし。

男の子のピーナッツカットと違って、女の子は卵巣摘出ですから、開腹手術が必要なのです。

さすがにお休みいただいて、金曜日、地元の方に動物病院に連れて行ってもらいました。



手術は午後。
費用は薬、流動食含め810元。
日本並みですね。

2時に終わるので迎えに行きます。
結局かなり早めに病院前について、ウロウロ何往復もして待ってました。
2時に病院に入ると、麻酔の切れたふうさんを看護婦さんが連れて来てくれました。
まだフラフラのヨレヨレ。
摘出した卵巣を渡されます。
…形的にはワラビかゼンマイみたいな…
返すと「要らない?」と聞かれました。

…普通持って帰るの?
冷凍?干してへその緒みたいに取っとくの?

結局要らないということで…

タクシーを止めて帰路を急ぎますが、途中三半規管がおかしいのか、ふうさんが何度も籠の中ででんぐり返しをします。
ふざけてる時は良くやりますが、さすがにこのタイミングでそれはないでしょう。

運転手さんが、うちのマンションを知らず、時間がかかりそうなので、バス停で止めさせて、歩いて運びます。

途中オエーと胃液を吐くふうさん。
「ダメだー、急変したー((((;゚Д゚)))))))」

と私も真っ青ですが、

…どうやら車酔いしたみたいです。
そうか、猫でも三半規管が効かなければ酔いますよね。

家についてしばらくは
寝る→起きて怒って唸る、暴れる→寝るの繰り返しでした。



2時間後から食事OKと言われましたが、この状態で誤嚥して気管に入っても危ないし、と麻酔が冷めるまで待つことに。

夜中12時、うっかり寝てましたが目を覚ますと、ふうさんがベッドに登ろうとしてます。

意識もはっきりしてきたようで、もう威嚇もしません。
「おお、麻酔覚めたか?」
とベッドに上げてあげると、次の瞬間
ジョジョジョー
大量のオシッコされました。
どうもベッドを横断してトイレに行こうと思ったようですね。

体は言うことをきかないようですが、まずは正気に戻って良かった。

「猫は所詮、野生動物」とか言うのを聞きますが、なるほど麻酔時のふうさんは激しく威嚇し、噛みつき、正に野生。
逆に言うと如何にいつも理性で私と付き合ってるか、非常に驚き尊敬した次第です。

2日目。
とにかく眠いようで、ほとんど寝ています。



3日目。
ソファでNHKフィギュアを観れるほどに回復(何なのこの姿勢は)。



自分でトイレに行き、ゴハンを食べれるようになりました。

ちなみに服は市販のもの。



私が作った服は動きづらいようで、
この屁っ放り腰です。



着せたらフリーズ。



4日目。
出勤しなければならないので、危険のないよう寝室に入れていきます。
このためにコルクマットは全て撤去。
(遊んでかじるため)



6日目朝、ふうさんが服のリボンを食べてしまったのを発見。



病院に連れて行きます。
腸を傷つけると死ぬこともあります。
しかし病院の先生、治療、検査なしで曰く、
「没問題!」

…大丈夫?本当に。

結局、その日の夜めでたく出てきました。
手術後の傷口養生のための術後服が、まさかこんなことになろうとは。
本当に気をつけよう。

再び週末。
順調に回復してきました。
あとこのカサブタが取れたらおしまい。



今日は快気祝いにプリン作ります。
しまった!カラメル用の小鍋がない。
電子レンジを使って作りましたが、
加熱のしすぎでタールができました。



頭の上にふうさんも乗ってましたので、
レンジを開けて2人で刺激性の黒煙を浴びました。

「目がー目がぁ!!!」
バルスされたムスカみたいです。
ふうさんと私、上下で大騒ぎです。

2回目のチャレンジでべっこう飴。
3度目の正直で、カラメルソース完成。

すが入って見えますが周囲だけで中は滑らかです。



しかしながら…
結局ふうさん食べてくれず…。
それもそうか、あんなとこ見せられたら
食べる気失せるよね~(T_T)

ともあれ元気で何より

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ




コメント

非公開コメント

No title

2週に渡ってお2人さん(と言うか1人と1匹)大変だったのですね~。
でも無事に手術済んだみたいで良かった、良かった。
ふうさん完全復活までもうちょっとかな。
早く元気にな~れ~。

Re: No title

昨日かさぶたが取れて術後服卒業です。
興奮しすぎて走り回って
体温上がったようで
鼻も耳も真っ赤でしたね
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR