FC2ブログ

香港ドラゴン航空 仙台香港直行便2

あらあらかしこ(仙台のローカル番組)で香港ドラゴン航空 仙台香港直行便を紹介したからか
その検索キーワードでこのブログに来られるお客様が増えています。
(私自身は土曜出勤で見られなかったんだけどサー(T■T)

そんなアナタに言いたい!

迷ってるなら、YOU!行っちまいなよ!

…失礼しました。でも、これが本音。
香港ドラゴン航空・仙台香港直行便をオススメする理由は3つ

(1)時間とお金
もし、新幹線を使って成田から香港に行ったとしましょう。
飛行機代往復50,000円として、新幹線往復21,000円くらい。
さらに上野から成田まで、安いほうの京成特急使っても往復3,000円ほど。
仙台香港直行便が7万円前後なら、遜色はないですね。
(もちろん、正月時期は成田空港、仙台直行便どちらも高くなりますよ)

そして時間――。
成田は遠い、森田知事がなんと言おうがやっぱり遠い。
仙台から朝出て乗れるのは夕方か夜の便。
成田に行くために会社を1日休まねばならない。帰りも合わせて2日のロス。
金はあるけど暇はない、社会人にはつらい。
朝便に乗りたければ、長距離バス、ポーラースター号に乗らなければならない。
このバスは便利だけど、バスを降りる時には生まれたての小鹿のようにヨロヨロカクカクと歩くことになるのだ。
(嗚呼、関節が伸びきらない…)

(2)そこはもう香港だろう
香港はどこから始まっているのか。
その答えはこう「ドラゴン航空のスッチーさんと目が合ったときから」
…いや別に変態じみたことが言いたいわけではありません。

香港ドラゴン航空


ドラゴン航空に乗る時のワクワク感は、やはり日本資本の航空会社のものとは別格。
入り口に用意された香港の新聞、アジアを感じさせる離陸の音楽。
アジア人らしい心遣いを持ちながら、流暢に様々な言語を操るスチュワーデスさん。
英語で「coffee? or tea?」なんて聞かれると、ビビビ!
「ああアタス、外国行くのね」と一気にテンションが上がるのです。
(そして「紅餐酒(赤ワイン)」と答えるわけですが、もうこのウワバミ…)

もちろん、外国語に自信がない方も大丈夫。
日本語が話せるクルーがお客様の快適な空の旅をサポートします。

ゴハンが美味しいのもオススメの1つ。
本格的な広東料理を食べることが出来ます。ここが日本の航空会社じゃ太刀打ちできないところ。

機内食


どうせ食べるなら、最初から香港のゴハンを味わおう!

さて香港ドラゴン航空・仙台香港直行便をオススメする理由、最後の1つ。

(3)香港に逢いに行こうよ!
この1言に尽きます。
香港ほど様々な旅が味わえる街はないと思うのです。
観光地を巡り、異国情緒を満喫する?
大都会、ウィンドウショッピングをしながら、素敵なブランド品を探す?
美味しい物を毎食、食べ尽くす?
離島に出かけて、自分だけのゆっくりした時間を過ごす?
地元の人と同じ生活をして、失敗したり、良い出逢いをしたりする?

何歳の旅だって、友達、恋人、誰との旅だって、
どんな旅もある。それが香港。

香港に出逢わないのは、本当にもったいないじゃない。
まずはお試しで、行ってみよう!

夕暮れに街がまぶしい香港
▲夕暮れに街がまぶしい香港


観光のメッカ、ビクトリアピークへGO!
▲観光のメッカ、ビクトリアピークへGO!



▼飛行機チケット予約の前に、こちらもポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR