FC2ブログ

そろそろ経緯についてお話を(5)

大連出張から蘇州に戻るともう夜でした。
本当は翌日ふうちゃんを迎えに行く予定でしたが、いてもたってもいられず迎えに行く事にしました。

バスは無くなっているようなので、タクシーを止め地図を見せます。
蘇州の運転手はかなりの確率で道が分かりません。

運転手「分かんないよ」
ワタス(−_−#)「近くに地下鉄あるじゃん、分かんない?」
運転手「よく知らない」
ワタス「GO(−_−#)」
運転手「GOって分かんないのに」
ワタス「GO(−_−#)行きたまえよ」

あとは右、はい左の繰り返しで…

ふうちゃんと6日ぶりの対面。
持ち込んだタオルは1週間でボロボロでした。
ごめんね、辛かったね。



出張から帰ってすぐ始めたのはふうちゃんの日本入国手続き調査です。

具体的には別に詳しく書こうと思いますが、とにかく複雑。
しかも狂犬病免疫検査後、180日の待機期間があります。
自分でもなんとかできますが、1個でも間違うと、入国後国内で180日の待機。
これは痛いです。猫にとってはかなり辛いはずです。

私、かなりうっかりしているので、日系の業者さんに手続き委託することにしました。

後で本当に詳しく書きますが、飼い主さんは業者委託する前に、手続き知識、予防注射の知識を揃えてください。

危ないスケジュールでいらない注射をされそうになったり、最初には言われなかった高額なハンドキャリー代金を取られそうになります。

ある程度調べておかないと、ニャンコも財布も守れません。

検査指定病院が上海にしかないと農水省に言われ、安全策で上海へ。

(詳しくは知らないっぽかったです。実は海外ペット持ち出しサポート業者はローカルでよければ色んな都市にあります。)

ただ中国はペットが高速鉄道に乗るにも、検疫が必要で…

結局、送迎車サービスを利用して上海へ。
初めの日はマイクロチップと狂犬病の注射。
とても痛かったと思います。



もうずっと一緒にいる覚悟もできました。
一歩も踏み出しました。

…日本に報告するか…。

そう言えばふうちゃんを保護した翌日は実家への定時連絡の日で、悟られないように明るく電話をしました。

母「もうお前の杏ちゃんはお姉ちゃんの子よ。背中に乗ってねぇ」


▲もう忘れちゃったか杏!!

ワタス「そ、そうですか」
(ショックながら、こっちにも隠し子がいるので複雑な心境)

あれから3週間です。
電話をかけて、母と世間話。

ワタス「ちょっと待ってね」
携帯をふうちゃんに渡します。
ふうちゃん「…にゃ…」
ワタス「ええーっと」

母「何?猫?」
ワタス「ふうちゃんです」
母「工場から連れてきたの?」
ワタス「…ウソつきました。保護猫です。」

母、怒るかな。イヤ、猫好きだから興奮するか?

母「…うそ…(_ _)…飼ったの?↓↓」

((((;゚Д゚)))))))テンションが下がったー!!!(予想外)

ワタス「あれ?やっぱりショック?」
母「うん、愛人作られたみたいで(/ _ ; )」

あ、愛人!!そっちかーーー!!!
あれ?もしや泣いてる?
(いや泣いてない?どっち?)

ワタス「すみません」
母「ちゃんと面倒見んのよ」
ワタス「うん、日本に連れて帰る手続きも始めた」
母「なんかすごく時間かかるらしいから」
ワタス「うん」

ちょうど姉、ヒゲーにょがアソート小包を送ってくれる予定でしたが、「猫じゃらし入れて」なんて頼めないです。

こっちでは意外と見つからないのですよね。

次の日

ワタス「家族に報告しました。ちょっと泣かれたかもです。愛人作られた気分っぽいです」

同僚「独特だな」Σ(゚д゚lll)

数日後、
日本から小包が届きました。
そこにはなんと猫じゃらしが!


▲猫じゃらしで人相が変わったふうちゃん

聞けば母が買ってきてくれたようで

母「変なテンションでごめん。
写真、送りなさい」

とのこと。
送ると、

母「もっと送りなさい」

とのこと。

だいたい経緯についてはこんな感じです。
中国に来て人間の伴侶は見つかりませんが、人間以外と生活を始めました。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

猫がいれば…

いや~人間の同居人は面倒臭いって!
やっぱり猫が一番よ!(って、単なる私の個人的な意見)
でも大切な命だから飼うとなると覚悟要りますね。
可愛がってあげて下さいね~。
私も一緒に遊びたい!

杏ちゃんの顔カワイイ~。

No title

ふむふむ。なるほど。
亡霊かと思ったけど、実体があってよかった。
カワイコちゃんの成長が楽しみだなぁ。

Re: No title

成長したらお転婆で大変です。
抱っこ猫ではありませんが、
肩乗り猫でした。

飛び乗られるんですが、
大きくなったら、私、首の骨折られるかもしれません。

Re: 猫がいれば…

私もそう思います。
猫イチバン

猫撫でられないと禁断症状出ますよね。
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR