FC2ブログ

上海2日目

生憎の雨。
まあ本日は買い物メインだからいいんです。
お目当ては雑貨系です。
蘇州は園区に雑貨屋さんはあるものの
それほど選択肢はないんですね。

気に入ったものしか買わないと決めているので、部屋は仮住まいのまま。

まず朝一で新天地へ。



古い町並みを利用した素敵な場所です。




食器のセレクトショップがありますが、
いざ行ってみると、
うーん、キレイな色はしてるが線があまーい、そしてちょっと厚手。

どうも観光地向け食器のようで…

気を取り直してブランチ。
ドイツのビアホールでオムレツ。
ああ朝じゃなければビール飲んだのに。



さて、次はバスに乗って田子坊。
ここもカフェやお店がいっぱい。
あ、さっきの店の陶器。
やっぱりお土産物だったね。



帽子とかアクセサリーとか
コジャレタ雑貨が多いです。





お目当ての店は他にもありまして

フランス租界常熟路、靜安寺方面へ。

まずはWHiSKというカフェへ。



こんなオシャレなお店。





おお、ガチオリックス?
ホンモノ?



カプチーノも美味しい。





チョコケーキは濃厚でズッシリ。

本格的で美味しいですが、
ちょっと食の細い人は重いかも。

チーズケーキとかなら
もう少し軽く食べれるかもしれませんね。

人気のお店のようです。
女性がいっぱいです。また来たいですね。

フランス租界の目当ての店を探しますが、
1店舗はクローズ、もう1店舗はお休み。

この近辺でINDIGOを発見。



香港中環にあるインテリアのお店です。
非常にハイセンス。
香港ではセール品を狙ったり、必ず寄るお店です。

その後も長楽路を東へ。
古い町並みには今も普通に人が住んでいます。



一部はお店に改装されていて、現役。

予想以上に当時の租界の雰囲気が残っています。

さらにバスに乗って南京西路へ。

南京路と言えば、昔「南京ロードに花吹雪」という漫画がありましたね。

森川先生という方の作品ですが
私はこの次の作品の「SHANGHAI 1945」という漫画をたまたま古本屋さんで手にしてハマったんでした。

当時は中国には全然興味がなく、
第二外国語の中国語も中国史も
ギリギリの成績で通過したんですけどね。
まさか年単位で住む国になるとは。

そのイメージが強いのか、上海のイメージはこの「SHANGHAI1945」の影響が強く、南京路と言うだけでドキドキします。




南京西路の入り口付近。
古い建物は迫力あります。
今の南京路は外国のブランドが多いようで、H&Mやユニクロがあり…

おおなんとコレも香港で見たイギリス系のマーク&スペンサーですね。



かと思うと、まさにSHANGHAI1945時代のアパート群。





今も普通に人が生活中。
当時は新聞記者や文化人が数多く住んでいたのですね。



新旧が激しく混じり合い、ハイソも日常も境目がないイメージです。

しかし改めて考えてみると営みというのはそんなものなんでしょう。
世界も時間も切れ目なんてありませんから。

さて、本命ジャンズテキスタイルへ。

骨董刺繍を額装してるお店。
ワタス骨董好きなので、たまらんです。

他で無駄遣いしなかったし
いいんじゃない?
YOU買っちまいなYO
とガイドブック記載の場所に。

ん?なんかお店違くない?



本日3軒目の…店畳んじゃったってヤツです。

5軒中、成功1、定休日1、畳んじゃった3。

ブルータス…とつぶやきました。


▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR