FC2ブログ

マカオ到着

香港に着いたら、そのままフェリーに乗り継ぎマカオを目指します。
この場合、飛行機同様乗り換えですので、入国審査はしません。

カウンターにプリントアウトしたバウチャーを見せて手続き。
乗り継ぎまでの間に、SIMカードを現地の3(Three)に変えます。
やり方を間違ったせいで四苦八苦。
あっという間に乗り換え時間になり、慌てて乗船。

マカオ着。
いつもながら、金沙がまぶしい。
これを見ると「マカオ来た~」って思います。
※金沙(Sands Macau):マカオフェリーターミナルから見える金ピカのカジノ。

さて、今度のホテルは鎮興賓館(Towns Well Hotel)。
セナド広場の近くにありながらお手ごろ価格。
香港もマカオもホテルの値段は高いので、お手ごろを選ぶと恐ろしく古いか、恐ろしく狭いかです。

タクシーの運転手さんに「鎮興賓館」と伝え、いざ出発。
ところが、新馬路ではない道を通り、裏道、裏道。
「あれ?遠回り」と疑念を抱いたころ、ものすごい坂道を登り、
世界遺産「大砲台(モンテの砦)」が見えたと思ったら今度は急に下ります。
運転手さん、満面の笑みで「ここだよ」とのこと。

着いたのは超ローカルな住宅地。道の先にはセナド広場に続く通りが見えます。
ああ、なるほどこの経路ではないと世界遺産を縫いながら到着できないのか、と
改めてマカオの街の古さを知った次第です。

ホテルにチェックイン。

鎮興賓館(Towns Well Hotel)


なかなか古いホテル。日本の人が思う「ホテル」とは当然イメージが違います。
チェックイン時、デポジットは現金。
広東語は通じるもののスタッフさん同士では普通話(中国語)で話をしています。
以前泊まった英国酒店もそうでしたが、この手の宿ではもうこれが普通なんですかね。
お客さんも中国本土の人が多そうです。
あと、変わったシステムを説明されました。

(1)毎朝鍵をロビーに提出してください。
(2)鍵を新しいものに変えます。
(3)掃除が要らなければ、鍵を渡さなくてもいいけど
(4)掃除が必要な時は扉に札を掛けてね

初めてですね。
お泊りの際、何か鍵について説明していたら、まあこんな内容です。

古いだけあって部屋は広いです。
清潔さもまあダイジョウブ。(英国酒店は便器がはずれた)

外の景色が…

鎮興賓館(Towns Well Hotel)


おお~すごいローカル地域ですね。
ワタス、向かいのビルの屋上に住みたい。

もうすぐ夕方になるんで、とりあえずご近所散策です。

柿山哪咤古廟。
聖ポール教会跡の裏にも哪咤廟がありますが、ホテルの裏にもありました。
日本でも何年か前に「封神演義」が流行りましたから哪咤をご存知の方も多いと思います。
子供の姿の神様でなんだか強いイメージがありますね。

柿山哪咤古廟


柿山哪咤古廟



そして大三巴(聖ポール天主堂跡)も近かったです。

大三巴


世界遺産で、これまた名物エッグタルトを食す。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR