FC2ブログ

ワンコが旅立ちまして

長らくご無沙汰いたしました。
先月の中ごろ、「研修に行く」と富士宮やきそばを最後にずっと更新をしていなかったので、

「このヒトどうしたんだろう」
「さては研修で何かあったか?」

と思われたかもしれません。
イヤ本当、研修ではイロイロありましたよ。
富士宮駅前で絶叫歌唱したり、40キロ夜間行進したり…。

研修から帰ってきて2週間ほど経ちますが、その間に風邪を引いたりしまして
やっと今週になってマトモに過せた感じです。

遡りますが、先月9日。
コーギーの公公狗、クーパーさんが急逝しました。
研修に出発する6日前です。

日付も変わろうと言うころ、姉に呼ばれ駆けつけると
既に息づかいも苦しそうで、危険な状態のワンコがいました。
救急病院に電話をかけましたが、車を出す間もなく亡くなりました。
15歳でした。

その2、3日ほど前からやたらと元気で、その日の晩も
「それくれよ~。梨くれよ~。」
と元気いっぱいでした。

でも虫の知らせでしょうか。
いつも私は食事後すぐに自室で趣味やら、最近では研修の荷造りやらしていたのですが、
なぜだかその日は「研修に行くとしばらく会えないし、今日はクーパーのそばにいよう」
とずっと添い寝をしていたのです。
クーパーの方もいつもは私がそばにいると怒るくせに、おとなしくしく一緒に寝ていました。

随分高齢ではあったので、長く家を空けるときはいつも覚悟はしていたのですが、
今回は研修で半月家を空ける直前に亡くなりました。
「最後は看取って欲しかったのかね」と家族で話しました。

また、亡くなるということが分かるんでしょうか、
いつもはワンコをからかって楽しんでいたキョンシー猫が、
最後のときだけ、そっと近づき、耳を優しく舐めて立ち去りました。

動物ながらいろんなことを分かっているんでしょうね。

クーパーがなくなったと言う実感も持てないまま、バタバタと研修へ行き、
「研修もあと2日くらいだろうか」と終わりが見えたころ
「帰っても、もう会えないんだ」と改めて悲しくなりました。

やはり悲しいのは「いないんだ」と気づく瞬間ですね。

たとえば夜11:00過ぎるまでは、ワンコのトイレのためにチェーンをしていませんでしたが、
夜帰ってきて「ああ、もうチェーンしてもいいんだ」と思ったり
ミスドでドーナツを買う際に「そうか、ワンコにお裾分けのためのオールドファッションを買わなくていいんだ」
と思うと、ちょっとづつ「いない」と言うことに気づくのです。

こうなってくると、無性に記憶を留めたくなるのですね。
愛犬の3Dフィギュア制作サービスなんてありますが、この度は、やはり自作することにしました。

クーパー 愛犬 フィギュア 制作中
▲目を中央に寄せたらようやくクーパーっぽくなってきた。



石粉粘土で制作中です。
紙粘土と違い、削りなどできるので、細かい修正が効くのです。
乾かしては修正、削り、盛りの繰り返しなので結構時間がかかりますね。

しかし、簡単にコーギーにはなるのですが、クーパーにはならないのですよ。
みんな同じに見えるコーギーの顔ですが、飼い主にしてみれば結構違うものです。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR