FC2ブログ

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotelは大澳の西の端、山の中腹にあります。
時間帯と見られる場所は限定されますが宿泊をしなくても見学することは可能です。
水警の古い警察署で、古くは海賊などの警戒も行なっていました。

大澳の街からはやや離れていまして、20分かそのくらいは歩くと思います。
あまりの暑さに途中の士多(store。発音はシド)でコーラを買い
お店の人に道を聞きます。

士多のお爺さん:
「ずっと真っ直ぐだよ。真っ直ぐ。…真っ直ぐなんだけど、左に曲がるんだ。
 その後、右に曲がるから、蝦醤(エビソース)の工場があるからその先だよ。
 10分位かな~」

確かに、道は海沿いにほぼ1本。
少林寺武術学校のあたりを左に大きく折れて、古い家並みのあたりでまた右に
「工場」というあたりでなんとも言えない香り。
濃い醤油のような、悪臭と言えば相当な悪臭という、非常に複雑な臭い。
噂には聞いてましたがこれが蝦醤の臭い。

蝦醤樽
▲蝦醤のつけ樽が並ぶ



ここを過ぎると、左側はずっと海。
道の終わりに大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotelが現れます。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


ホテルの坂を登ります。周りはとても綺麗な海。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


坂を登りきると、現れる古い洋風建築。ここが本日の宿。
チェックインしましたが、部屋の準備が出来ていなかったので、
先に一般客の見られる場所を見学させてもらいました。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel



途中どこまでが見学範囲か分からなかったのでボランティアらしき女の子に聞くと案内をしてくれました。
建物の裏手―銃弾の残る鉄扉や、先ほど受付をした場所の奥にある牢屋など見せてもらいます。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


今は宿泊客の荷物の一時倉庫になっている場所が元々は牢屋で6人用。
本当に狭いので「ここに6人?」とビックリです。
「しかも当時はトイレも中にあってとても臭かったんですって」と説明が続きます。
牢屋は2つあって女性などは分けていたそうです。
オススメされるまま牢屋の石のベンチに座ってみます。ここに6人は厳しいですね。

ホテルの方の時間があれば是非説明を受けることをオススメします。
ここが警察署だったんだなと改めて認識します。

部屋の準備が出来たので、今度は客室を見学。
枕が3つある…豪華だ…(驚くのはそこではないと思いますが)
丁度品は新しいものですが、シンプルなデザインでイギリスの建物に良くあっています。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


お風呂とトイレは現代的。
バスタブもあります。これは香港ではうれしい。
シャワーも横から出るタイプが付いていて、なんとも豪華ですね。
このバス・トイレだけで私が泊まっている安宿より広いかも…。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel



夜の部。
灯りに照らされた廊下。あたりは虫の声だけ。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel



併設のレストランで夕食です。コースで250HKほど。
魚か肉か選べますが、サラダ、スープ、メインディッシュ、デザート、コーヒーといった内容。
結構ボリュームがあり、最後のチーズケーキに来たころにはもうお腹いっぱいです。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel


大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel



朝はアメリカ式ブレックファースト、ヨーロッパ式ブレックファースト、健康ブレックファーストから選べます。

大澳文物酒店・Tai O Heritage Hotel



ホテルの方が大変親切で、勤務後、街で会ったときも話しかけてくれました。
難を言えば私が泊まった部屋の鍵が開けにくくコツがいるようで、3回の内成功したのは1回だけでした。
でも心配は要りません。夜でもスタッフの方が見回りをしてくださっているので、すぐに助けていただけました。
助けてくださって一言。

「ここは本物の文化財だからね」


▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR