FC2ブログ

熊ヶ根、愛子へ

連休はお仕事の関係で愛子方面に参りまして
地元の土地に詳しい皆さんに隠れ滝や鉄橋へ
つれていって頂きました。

202007272030596f1.jpg

集合時間前に津山祇園神社へ。
明治16年に建てられた神社で牛頭天王の
お社です。
疫病や災害から守って下さるそうで、
まさに今お参りしたいお社ですね。

20200727203606f45.jpg

熊ケ根の山林の道から沢に下りまして
沢を遡るとこんなに立派な滝が!!
周囲は緑が深く沢に沿ってトンネルのようです。

20200727203852bd3.jpg

この写真はちょっと青みがかってますが
滝からの細かなミストと緑の葉を通した光が
素晴らしく。
神々しい空間でした。
さらに少し戻って脇の沢に入り
何ヵ所も曲がった沢を遡ると…

20200727204223adf.jpg

丸い吹き抜けのような空間が
そこにも滝が流れ落ちています。

奥入瀬のような遊歩道もない場所ですが
手つかずだからこそ
すごく特別な体験をしたと思います。

次は熊ケ根城跡です。

20200727205454091.jpg

政宗が仙台に来る前、国分氏の城です。
土塁がしっかりと残ってますね。
城というと天守閣を思い浮かべますが
中世の城のほとんどは土塁、掘などで
構成された小規模なものが多いです。
大学で学んだ日根野の中世の城を
思い出しました。

実際に行くと川や崖との立地など
どういう戦を考えていたのか、
すごくおもしろく思えます。

今度図面や地図でシミュレーションして
みたいですね。

次に連れていって頂いたのは
第二広瀬川橋梁です。
ここからは脚が一部しか見えませんが
日本一高いトレッスル橋だそうです。

20200727205617cda.jpg

陸前白沢と熊ケ根駅の間、
これは電車に乗る側でも楽しそうです。

最後に鳴合温泉郷沿いの広瀬川、
七ツ石に連れていって頂きました。
川のなかに大きく特徴のある岩があるそうで。
ただこの日は下り口の調査で終わりました。

どうやら滝もあるようですよ。

202007272104303ef.jpg

上から撮ってみましたがわかるかなー。

おまけで作並ラサンタさんで催しがあり
回文みくじを引きました。
タケヤブヤケタ
のように上から読んでも下から読んでも
同じ文章を回文と言います。
幕末の仙台には有名な廻文師、
仙代庵という方がいらっしゃいまして
作並開湯の年にお生まれになったそうです。
さておみくじの結果は…

20200727211243d73.jpg

ありゃー、小吉?末吉??
まあ自分が泣くだけならいいや(+_+)
大事ではない…

今回様々な場所をご紹介頂きました。
仙台駅からわずか20分30分の距離で
日頃経験できない世界に行くことができる、
すごく豊かなことですよね。

また転勤族として暮らしてきた自分には
地元を大事にしている皆さんがとてもまぶしい。
ご案内頂き、本当にありがとうございました。

旅の終わりは愛子に来た楽しみ
川井亭のおにぎりです。

202007272119381ff.jpg

以前はさくら野さんでよく買っていたのですが
やっぱり美味しい。
ニャンコにすごくチェックされてますね。
母には「熊よ、冬眠の準備か?」と
行った場所が熊ケ根のなのでタイムリー。
…だって全部美味しそうなんですもん…。


▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキング
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR