FC2ブログ

広州にショールームを建てる


2ヶ月もの間更新が滞りましたが、何をしてたかというと……
広州のショールーム建設をしてました。

……うちってWebデザインチームじゃん。
併設で撮影チームも管理はしてるけど。
……Webでしょう。
横幅1,000ちょいピクセルの世界ですよ。
「無理ですよ」と何度も断ったのですが「デザインだけでいいから」と押し切られまして。

今回の広州のショールームは中国最大。
1,200平米、天井高4mあります。

デザインはこの広さを活かした展示にしたいなあと。
一気通貫で商品ラインナップが見渡せる
ファーストビューの「うわースゲー」を引き出せるデザインを意識しました。

途中経過は色々ありますが、
正直ここでは書けない……。

結局どうなったかというと、デザインだけでよかったはずが、広州の大型展示内装業者を
外国人で大連在住の私に探せと。
1ヶ月ちょいでショールーム完成させろと。
かなりな無茶振りとなったわけです。

前に探してもらった業者は4社ともミスマッチ、施工できず。今更ネットで探していたら当たりは引けないぞと直感しました。
蛇の道は蛇。
内装業者は建築会社を当たれと、たまたま以前お知り合いになった広州の業者さんに助けを求めました。
本当に厚かましくて申し訳ございませんでしたが、お陰様で本当に仕事が出来る会社を2社さん紹介して頂き…

その後の1ヶ月はすったもんだです。
総経理が会議でショールームのGOサインをもらってる最中に、GOが出ることを信じて広州に飛び、GOが出た30分後にまだ契約も交わしていない業者さんと現場確認。
契約条件詰めながらも、部材発注。

さらにはタダでさえ遅れている工場建設のお陰でショールーム設営にも影響が出て…

さらに展示商品の確保が担当者間ではまったく上手く行かず、自ら出張るハメになり…

しかも中国の大セール期間である11/11前にトラックを抑えて商品輸送をかけねばならず、それはもう全てがギリギリで…。

ショールームコンテンツ、大型展示作成、このための撮影、シーン展示の為の小道具購入、配電図制作、工程管理、会社案内パンフレット制作、展示動画制作指導、とにかく仕事の種類が多かったですね。

11/25の開業式に向けたラスト5日

11/20パンフ刷り上がり
11/21商品大型pop作成、先行隊配電、現地調達品確保
11/22本隊広州へ移動、商品組立、シーン展示用追加資材調達、電工
11/23商品開梱、商品組立、什器移動、電工、印刷上がり、
11/24陳列、シーン展示制作、再印刷受け取り、pop配置、清掃
11/25 最終電工、開業式

結局陳列や清掃は皆さま総動員でお手伝い頂いてようやくなんとか。
この1ヶ月、30分だって無駄にしていい時間はなかったです。指示、確認、指示、確認の合間に大型展示制作と本業のセールイベント管理。
それでも最後の電工は当日の朝。ギリギリでした。

ショールームは皆さまのお陰様で、なんとか形になり当日大盛況でした。
写真をお見せできないのが残念。

今回苦労したのは仕事の多さより時間の読めなさと、実行性の低さでした。
中国独特の縦割りや想像力欠如の問題、管理マネージメントの弱さかなあと思っています。
今回展示室は最も短期間でたくさんの工程を詰めましたが、こんなアドバイスも頂きました。
「mukcyunさんはもっと中国人を知った方がいい、中国人は細かいの嫌い。理想は分かるが現実を見てください。納期3日前に1回だけ確認。それでいい。細かいとみんな辞めちゃう」
でもね、私にはそれこそただの理想に見えるんですよ。3日に一度の確認でちゃんと仕事やってくれるなら、当日の朝に電工が終わるなんて有り得ないでしょう。

中国の40代以上の人たちはこう言う事が多いです。中国についてのHow To本でもそうです。
中国人は納期守る能力はない、若者は甘やかされて育ってるのですぐ仕事をやめる。

これは本当ですかねえ。
中国にも納期を守る会社もあるし、納期を守る人もいる。更には今まで納期を守れなかった子も納期はマストだと教えることで守るようになる。今まで教えられてないから価値観がないだけ。
辞めてしまう若者だって日本とそう違わない人数に思えます。

今や世界中に商品を輸出している中国。
自分たちのポテンシャルに一番気づいていないのは、自分たちを卑下してしまう自分自身では?と思うのです。

中国はクオリティの高いものはものすごく高い。(もちろん低いのは有り得ないほど低いけど)
良いものを知った中国はどんどん良い方に変わると思うのです。
実は中国の若い世代にすごく期待しているんですよ、私は。

ショールームの写真は出せませんが
広州の数少ない写真を。

最初の広州入り、業者さん決まってバンザイの焼き鳩。(*・д・*)ウマー



最終日、結局見に行けなかった広州タワー。
タワーの寸前まで行って、
「mukcyunさん、打ち上げ参加要請出ました」と連れ戻されたので見れませんでした。
NOOOOOー(;´゚д゚`)




▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキング

プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR