FC2ブログ

星海広場へ

中秋節2日目は朝からギョウザスタートです。
朝昼兼ねてですよ、一応。



さて、本日の目的は引き続き洋館めぐりと、滞在中ずっと一緒に付き合ってくれたCさんへのお礼探し。

Cさん、どうもガラス製品がお好き。
日本だとよくデパートの上の方にいい食器売ってるじゃないですか。
ないんですよ、大連。

友誼商場に辛うじてあったのですが、ドイツ製のグラスは高い割に凡庸でただのコップに見え、
イタリア製はどうした?ってくらい悪趣味。

「これなら日本で買って改めて送るわい」と建物巡りへ。

旧満鉄本社へ。
ここは陳列室もあって、中が見学できます。
するとちょうどお昼休みでして、近くのカフェで私も一休み。



昼休みの時間が過ぎて、もう一度トライしましたが、開いてません。
中秋節だからかなあ、と
外側の写真を再度撮って帰ろうとした時に、中のライトがうっすら点いていることに気づきました。

思い切って電話かけることに。
(日本語OK)

中にちゃんと職員さんいらっしゃって開けてもらえました。
ここは必見。



入館料50元。ちょっと高い。

素晴らしい内装ですよ。
陳列室では如何に満鉄が巨大企業であったかうかがい知れます。

物流にとどまらず、付帯の産業もあり、まさに路線沿って街づくりまで行っていたんですね。
物流が富を生むという側面と、企業である一方で国策だったのだなあと、改めて感じる訳です。

見学が終わるとグッズ売り場が最後の部屋。
満鉄時代に使っていたものを買えます。
エライ値段で。

こないだ行った店で50元しない満鉄グッズが500元ですと!?

何も買わないのも申し訳ないので絵葉書購入。
50元、…つまり入館料は100元。

でもなかなか当時の内装がみられる場所はないので、見た方が良いですよ。

この後7番のバスで港湾広場に出て古い建物ウォッチ。
708番のバスで三•八広場に出てトラムに乗り換え、星海広場を目指します。
なかなか地元交通の乗りこなしてるざんしょう。
ポイントは広場の位置を覚えることです。
香港より分かりやすいかも。

さて星海広場。
アジアで一番大きい広場です。





遊園地なんかもあり、ここも人でいっぱい。
さて夕方ですんで、夕日を見ておセンチになるぞ。
海上は大きな橋を建設中。
完成したらライトアップするんでしょうね。
是非、品よくライトアップしてくれ。
点滅禁止。

帰りは22番のバスで一気にホテルの近くまで。
ホテルの建物の一部がマイカルになってますが、元々日系だし、ここにグラスあるか?と探したらビンゴです。ありました。

拙い中国語で贈答品だと伝えまして、
「おお、人への贈り物ね!箱に入れて綺麗にして送るね、任せて」
と言われてほっとしてると、
何やらデカイ箱登場。
明らかに別の食器の外箱。
しかも中には仕切りがあって、仕切りの方が小さいのでコップが入り切らず…

はい!と渡された箱。
変形してますがな~。

なるほど日本のラッピングが繊細だと言われる理由がわかるわ~。
でもありがとう~。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR