FC2ブログ

松川だるま 仙台名物

皆様、松川だるまをご存知でしょうか?
世にも珍しい「青いだるま」です。

仙台に伝わるだるまさんで、群青は海の色、
さらに初めから両目が入っているのが特徴で、八方を見渡す、
見守るという意味があるそうです。

天保の大飢饉の時に、仙台藩士の松川豊之進という方が作り始めたそうです。
その松川だるまを江戸時代から現代に継承しているのが、本郷さんです。

今回八幡杜の館というところで、松川だるまの絵付け体験教室があり、
同僚のIさんに誘ってもらいました。

しかし、また場所を間違えまして、八幡神社のテッペンで気づきました。
「ありゃ、なんか違う」

八幡杜の館は元天賞酒造の建物です。生協と宮一女の間にあります。
私が高校生のころは、まだお酒を造っていて、新酒のできるシーズンには
緑の杉玉が下がったものです。
今は八幡町での酒造は行っていませんが、こうして建物が残っているのは
大変嬉しいことです。

八幡杜の館
▲八幡杜の館・内装もステキに蘇りました。


参加者はお子さんが多かったですが、私も含め大人もおりまして、
会場は盛況でございました。

八幡杜の館 松川だるま体験教室
▲八幡杜の館 松川だるま体験教室


こちらは本郷先生の松川だるま。
群青、赤、水色、金、大変華やかな色使いです。
模様も松・梅・宝船など、縁起のよい模様でいっぱいです。

松川だるま
▲これがプロの松川だるま


下地は塗ってありまして、ここからスタートです。

松川だるま
▲では、スタート


絵付けですが、これが結構難しいのですよ。
ああ、眉が左右で違う大きさに!
描き足してたらヨシズミさんになった。
ヒゲは鼻毛にならない程度に鼻のギリギリ脇に…
そんなことをしておりましたら、制作過程を撮るのを忘れました。
2時間ミッチリかかって、完成したのはこちら

松川だるま
▲完成~。松川だるま。奥のがIさんのニャンコ松川だるま。
手前のヨシズミさんが私のだるまです。


お子さんたちはもっと自由で、背面が白の梅でミッチリ埋め尽くされたものも。
「これはこれでマリメッコみたいな北欧柄だわ」なんて思いました。
自分だけの「だるまさん」というのが愛着湧きますね。
側面は寿を模した梅の木です。

松川だるま


本郷先生の筆さばきは確実で美しいですね。さすが職人様。
ワレワレ素人は線がブルブルたわたわします。
そして八幡杜の館のスタッフさまも大変ステキでした。
参加された方もスタッフさまも皆さん活き活きしてました。
私も久々の物づくり楽しかったです。

本郷先生と八幡杜の館スタッフさま
▲本郷先生と八幡杜の館スタッフさま。ありがとうございました。


我が家にやってきた、だるまさん。ヨシズミ先生と呼ぼうかしら。

松川だるま
▲ニャンコといっしょに並べると分かりますが、こんなミニミニサイズです。


▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR