FC2ブログ

【回想6】放射能と仕事の開始

広島県出身の私は放射能恐怖症。
友人のお見舞いに行ったアイソトープ病棟に5分といることができない。
挙げ句お腹を壊してしまう。

ヒゲーニョも同様のようだ。
夕方に流れたニュース。
ロウソクのもと、家族で夕食を行う。
こうしてる間にヒタヒタと放射能が近づいてきているかもしれない。

ただ人間って不思議。お腹に何か入ると少し状況を良く考えられるのだ。

とはいえラジオは手放せず家族と枕を並べながら、一晩中ラジオを聞いた。

翌日「原発落ち着く」のニュース。
ホッとする。震災後久々のテンションでワンコをなでる。

ワンコも久々のテンションで朝ご飯を要求。
分かるんだね、あんたも。

この日曜日、両親は買い出しに踏み切った。
「おいおい、放射能…(∋_∈)」

私も加わり3人で買い出し。

香港のSARSの記事を思い出しました。
ある香港人が言ったことです。

香港は危ないとみんなが言うけど、私たちは香港で生きている。生きる為には危なくても仕事に行って買い物をしなければならない。

まさにね。
身に染みて分かりました。

日本人は変わっています。
店には長蛇の列。
買えた人の袋いっぱいの食糧。
反比例でなくなっていく店の商品。
みんなジレジレしてるんですよ、内心。
それでも待つ。待つ。
何だかヒツジになった気分。

のちのちの為に一つ情報。
震災すぐは大きな店より小さめの店の方が物が買えます。

この日はママーニョの機転で卵、野菜ゲッツ。

日曜日の夕方。
近くのビルの内部放送が聞こえます。
あれ?もしかして電気戻った?

ブレーカーをON
電気を点ける。
うわっ、まぶしいー!

そして久々に家の電話が鳴る。
おお、そうか!家電も使えるか。

母が受話器を差し出す。
「上司のNさん」

おお、Nさん。ワタスを心配してくださったんですね。
電話にでる。

Nさん
「おお、つながった。いやー明日から普通に仕事だから」

(°□°;)なんですと?

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR