FC2ブログ

仙台大衆舞踊団 2日目公演

本日、仙台大衆舞踊団2日目の公演ですが
なんとチケット完売!
満員御礼でございます。

本日も頑張りますよ(ダンサーさんが)



▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

cafe haven't we met opus

友人と一緒に、カレー屋さんとカフェに行ってきました。
カレーはアエルのスープカレー屋さん。ここのスープカレーは最高です。
仙台のスープカレーでは一番好きかな。
ちなみに厚切りベーコンのカレーもいいですよ。
一緒にビールも頼めるのがいいです。

カレー
▲鶏の骨抜きスープカレー+ギネスビール


結構これでお腹いっぱいなのですが、隠れ家的カフェがあるというので連れて行ってもらいました。
場所的には私の会社に非常に近く、「え?こんなところに?」と驚いたのですが、
更に驚いたのはそこまで行く方法。
牛丼屋さんに入るかと思いきや、脇の階段へ。
するとこんな幻想的な通路が…

cafe haven't we met opus


通路をぬけると、ここはアーケードの裏側。
四方はツタの這う古いビル、ダクト、波板トタン―昭和の空間です。

cafe haven't we met opus


cafe haven't we met opusと書かれた看板脇の階段を登ります。

cafe haven't we met opus


すると、こじんまりしたカフェがありました。
中は撮影NGだったので写真はありませんが、
レトロなストーブと、灯りの抑えられたペンダントライト、プレーンな木の家具。

cafe haven't we met opus


そして窓からはこの不思議な景色。

cafe haven't we met opus


ベイクドチーズケーキとブレンドコーヒーをオーダー。

cafe haven't we met opus


甘さ控えめで、カレーを食べた後でも結構あっさり食べられます。
今度はランチもいいかな。

食後お店から出てきて気づきました。
カフェの横には和風のお店がありました。三好堂です。
三好堂は昔から続く人形のお店で、昔はアーケードに面して建っていました。
ここに移動していたんですね。
シーズンですから雛人形が見えました。なんだか、幻想的ですね。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

Hampstead Tea Room

昼ゴハンに初めてのお店に行ってみました。
イギリス風のティールームで、紅茶や自家製のケーキがあるようです。
場所は電力ビルの裏側。

Hampstead Tea Room


雑居ビルの3階に突然現れるティールーム。
土曜日のお昼でほぼ満席状態でした。
内装も落ち着いたアンティークな雰囲気。

Hampstead Tea Room


ケーキも食べてみたかったのですが、お腹がすいておりましたので
マイタケのクロックムッシュを頼みました。
このお店では素材の味を活かすため、あまり過剰な味付けはしないそうです。

おお、確かに焼きあがったクロックムッシュからはマイタケの良い香りが。
パンの耳もサクサクとして食感がいいですね。

Hampstead Tea Room


ちょっと惜しいのは、マイタケがそのまま過ぎるかもしれません。
焼くとマイタケがややカサカサしますね。
もともとマイタケは油と相性がいいので溶かしバターや、オリーブオイルを先に絡めて
もう少しシンナリしててもいいかもしれません。

本命のケーキが食べられなかったので、次回試してみたいと思います。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

松川だるま 仙台名物

皆様、松川だるまをご存知でしょうか?
世にも珍しい「青いだるま」です。

仙台に伝わるだるまさんで、群青は海の色、
さらに初めから両目が入っているのが特徴で、八方を見渡す、
見守るという意味があるそうです。

天保の大飢饉の時に、仙台藩士の松川豊之進という方が作り始めたそうです。
その松川だるまを江戸時代から現代に継承しているのが、本郷さんです。

今回八幡杜の館というところで、松川だるまの絵付け体験教室があり、
同僚のIさんに誘ってもらいました。

しかし、また場所を間違えまして、八幡神社のテッペンで気づきました。
「ありゃ、なんか違う」

八幡杜の館は元天賞酒造の建物です。生協と宮一女の間にあります。
私が高校生のころは、まだお酒を造っていて、新酒のできるシーズンには
緑の杉玉が下がったものです。
今は八幡町での酒造は行っていませんが、こうして建物が残っているのは
大変嬉しいことです。

八幡杜の館
▲八幡杜の館・内装もステキに蘇りました。


参加者はお子さんが多かったですが、私も含め大人もおりまして、
会場は盛況でございました。

八幡杜の館 松川だるま体験教室
▲八幡杜の館 松川だるま体験教室


こちらは本郷先生の松川だるま。
群青、赤、水色、金、大変華やかな色使いです。
模様も松・梅・宝船など、縁起のよい模様でいっぱいです。

松川だるま
▲これがプロの松川だるま


下地は塗ってありまして、ここからスタートです。

松川だるま
▲では、スタート


絵付けですが、これが結構難しいのですよ。
ああ、眉が左右で違う大きさに!
描き足してたらヨシズミさんになった。
ヒゲは鼻毛にならない程度に鼻のギリギリ脇に…
そんなことをしておりましたら、制作過程を撮るのを忘れました。
2時間ミッチリかかって、完成したのはこちら

松川だるま
▲完成~。松川だるま。奥のがIさんのニャンコ松川だるま。
手前のヨシズミさんが私のだるまです。


お子さんたちはもっと自由で、背面が白の梅でミッチリ埋め尽くされたものも。
「これはこれでマリメッコみたいな北欧柄だわ」なんて思いました。
自分だけの「だるまさん」というのが愛着湧きますね。
側面は寿を模した梅の木です。

松川だるま


本郷先生の筆さばきは確実で美しいですね。さすが職人様。
ワレワレ素人は線がブルブルたわたわします。
そして八幡杜の館のスタッフさまも大変ステキでした。
参加された方もスタッフさまも皆さん活き活きしてました。
私も久々の物づくり楽しかったです。

本郷先生と八幡杜の館スタッフさま
▲本郷先生と八幡杜の館スタッフさま。ありがとうございました。


我が家にやってきた、だるまさん。ヨシズミ先生と呼ぼうかしら。

松川だるま
▲ニャンコといっしょに並べると分かりますが、こんなミニミニサイズです。


▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

仙台名物、仙台大衆舞踊団

11月17、18日。
仙台大衆舞踊団改め、仙台名物、仙台大衆舞踊団の公演が行なわれました。
今回もたくさんの方にお越しいただき、
ワタクシこのシーズン限定のお手伝いスタッフですが本当に嬉しく思っております。

思えばこの公演、本当にたくさんの方々の手で作り上げられています。
1年間この日のために練習を重ねてきたダンサーさんはもちろん、音響の皆さま、照明の皆さま…

仙台名物、仙台大衆舞踊団
▲照明を入れて、華やかになった舞台での立ち位置確認


仙台名物、仙台大衆舞踊団
▲ダンスのフォーメーションは激しく変化するのでとっても複雑。
より美しく見えるよう、みんな真剣に立ち位置を確認します。


仙台名物、仙台大衆舞踊団
▲更に衣装、音響も入れてのゲネプロ。本番さながら。
ブリちゃんがピンクになりました。湯煙温泉。


仙台名物、仙台大衆舞踊団
▲どや顔


やはり音と照明が入ると違いますね、物語に劇的に動き惹きこまれます。

さらに公演を支えてくださるのは受付の皆さま。
出演者の皆さまが土日交代で入ったり、今年出演をお休みされた方が参加してくださったりと
公演には欠かせない存在です。

仙台名物、仙台大衆舞踊団
▲おそろいのエプロンがイイですね。



そして最後に公演を完成させるのは、足を運んでくださるお客様です。
開場してお客様が「今か今か」と緞帳を見つめる姿や、物語に笑い、泣く姿。
帰りのエントランスの興奮に包まれた空気を見ると、
本当にこの7年を支えてきて下さったのはお客様であろうと思うのです。

仙台大衆舞踊団改め、仙台名物、仙台大衆舞踊団。
私などは1年1度のスタッフですが、良いものに関われた幸せを感じます。
1年1度、今年お越しいただいたお客様は是非来年も。
まだ来られたことがない方は、是非来年は。

▼ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

mukcyun

Author:mukcyun
ようやくサイト完成(2010.08.29)
サイトはこちら▼
香港東北Bridge
ぜひ見てくださいね

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR